• かいそうのお店の商品を海外発送いたします。
  • こだわりのひじき選別
  • 伊勢志摩の魅力
  • かいそうのお店情報メールマガジン購読
  • twitter request!

ご利用案内

※赤地日は、電話・メールの対応、商品の発送をお休みさせていただきます。休日にいただきましたご注文・お問合せは翌営業日に返信いたします。
営業時間:AM9:00〜PM5:00
定休日:土・日・祝

  • 住所:〒515-0509
    三重県伊勢市東大淀町124
  • 電話:0596-37-6789(代)
  • FAX:0596-37-1544
  • IP電話:050-3330-2829
  • E-Mail:info@uwabe.co.jp
  • 店長:上部 友義

業務用問合せはこちら

上部家は、大淀の地で芝居小屋をしていました。1948年(昭和23年)上部商店を創設。伊勢ふのり、伊勢ひじきの製造を始めました。

 

大淀は古くからある土地です。西暦292年頃、伊勢で天照大神が祀られた神宮に関するいろいろな役割を担当する部民の集落ができたと言われており、その中に大淀もあったと言われています。
聖武天皇の時代(746年)には、今の明和町斎宮の地に斎宮制度が確立され都から高官が斎宮を訪ねては大淀にも足を延ばしたと伝わっています。古代の交通は陸上より、海上、川を利用した交通のほうが栄えていたこともあり古の都、大和にも近く、気候温暖で自然環境に恵まれ、古代の人びとが寄り集まったのではないでしょうか。
そのようなこともありこの地、大淀を詠んだ古代の人々の和歌が存在しています。

大淀の浦風かすむあけほのに雲井の雁の音つれて行く 後鳥羽院  
大淀の浦にかりほすみるめたに霞にたへて帰る雁かね 定家  
大淀の浦時のとけき春の日にかすみそ残る松のむら立ち 順徳院  
せと口にたけるうつしの大淀のよとむそこゐもなき歎哉 西行  
もしほ焼く海士のたく蠅春くれは霞そふかき大淀の浦 定衡 など

 

この時代の人たちは、海に出て海藻を拾い干して貯えたり、魚釣りをして食したり、木の実などを食べていたのではないでしょうか。
この地は、古くから海藻を食べて暮らしていたのです。現在でも毎年、旧暦の6月14日に近い土曜日(7月下旬もしくは8月上旬の土曜日)には大淀祇園祭もあり山車を曳き、花火大会も開催されます。都とのつながりがあったことがうかがえます。

 

1948年(昭和23年)に上部商店を設立

 

上部家は、大淀の地で芝居小屋をしていました。当時の家には見たことのない穴の開いたお金が紐で吊るされていたり、当時たくさんの役者が来ていたと聞いています。
戦後の間もない頃、何も無かった時代、この地で古くからおこなわれていた海藻加工の仕事が全国各地で売れていたことがきっかけで創業者の上部益吉が1948年(昭和23年)に 上部商店 を創設して伊勢ふのり、 伊勢ひじきの製造を始めました。芝居小屋も時代の流れから映画館へと移行しましたが、その映画館もテレビや他の娯楽に客をもっていかれ閉店。その他にも食品スーパー、製材業も営んでおりましたが廃業を決断し海藻加工業に集約したと聞いています。事業を辞めるということは儲けよりも損することの方が多くなったからで上部益吉はたいへん苦労したことと思います。戦後の経済復興と発展成長していく当時の日本には数多くのチャンスがあり発展するカテゴリーもあれば衰退するカテゴリーもある中、古くからこの地でおこなわれていた海藻加工(ひじき製造)を選択し今日に至っております。

 

 

1978年(昭和53年)にうわべ食品工業渇社を設立

 

二代目 上部信義(現会長)が若い頃、全国各地へ営業に出かけている頃に上部商店から、うわべ食品工業株式会社に改名して法人化しました。

上部商店の頃は、製造の大半が手仕事でした。各地域に数店舗あるスーパーマーケットが世の中に浸透し、地方の乾物問屋へ対応できるよう設備投資を始めたのもこの時期からでした。小売店向けの家庭用商品を包装するための自動包装機を導入して全国に拡販をおこないました。

 


 

品質管理体制の強化

 

80年代後半からは工場も手狭になったことから別棟に工場を新築し近代化を図るために選別機器のライン連結化も取り入れました。時代背景には、それまでは海で採れた海藻に砂やゴミが入っているのは当たり前という購入されたお客様の考え方が次第になくなり、食品であるからには綺麗なものでなくてはならないという考え方に変化したことです。90年代後半から2000年代に入り、食品に対する消費者の考え方がより厳しくなりました。出来上がった商品は、どのような場所でどのように作業して製造されるのかを販売先に求められるようにもなりました。

この頃から販売する市場価格と工場での生産コストアップで頭を悩ます日々が続きました。海藻乾物を製造するにあたり課題となるのが異物問題です。
二代目 上部信義(現会長)は、要求の厳しいお客様に対しては、お金をもらって勉強させてもらっているのだからお客様のご要望に応えるよう努力して改善することとし、無理を承知で取引先のお客様にご満足していただける商品の提供をおこないました。

「無理です。」「出来ません。」とお客様からの要望を断ることは簡単にできることです。会長が当時、取引先を作るのは容易でないことを全国各地への営業をしていた際に思い知らされたこともあり挑戦して行動に移すことを最優先しました。今できる最大限のものを提供し、お客様に商品カットされたら仕方がないと取り組んだ商品もありました。今、思い返してもあれほど手間とコストをかけた商品はありません。出来上がった商品も今考えても、とても良い品物だったと思います。お客様が乾物に100%異物がないものを求め、その要求に応えることができず残念ながら商品カットとなりました。ひじきは、黒いものだからひじきの粒に白い点がある。異物かもしれないので取り除いてくださいとも言われました。

海藻は工業製品ではありません。色の薄いものや茶色いものもあります。白い点に気付かない人もたくさんいると思います。食べても害はありません。また、異物でもありません。
工業製品のような色かたちの揃った商品を求められました。
当時は、食品事故がマスコミ等で大きく報道され過敏になりすぎていた時代だったのかもしれません。
しかし、その取組みが選別技術向上、品質向上につながったのは言うまでもありません。

 

ISO9001への取り組みとインターネットによる直接販売

 

 

弊社は、2007年にISO9001を認証取得し現在も継続しています。
始めたきっかけは取得する2年程前の事です。より良い商品を製造するにあたり、それまで数多くの設備投資をおこなってきました。ある程度投資し終えると、それを操る人間の力量で品質が異なることがわかり、さらなる品質向上を目的として業務のマニュアル化と社員教育を兼ねて行うにはISOを取り入れることが良いと勧められたことがきっかけで取り組みを開始しました。社内の意識改革についての目標ができたことから達成できるよう勉強もしました。これも商品と同じ考え方で、取得できる可能性があるなら挑戦しよう。取得してから会社に必要なことでないなら辞めればいいという考えから行動に移しました。

当時、ISOという冠が欲しくて取得する会社もある中、弊社では実用的なマニュアル作成を重要視しました。何でもかんでも書類、書類とやりもしない紙媒体を増やすことをせず、必要最低限の書類に絞れたことも製造部以外の部署の業務改善にも繋がりました。乾物業界でISO9001の取得はめずらしく、また、当社の規模でのISO9001を取得している会社はあまりないと思います。

 

ISOを取得しようと動き始めた同じ時期にインターネット販売も始めました。弊社は直売の実店舗もなく直にお客様(消費者)の声を聞きくことはそれまで殆どありませんでした。お客様が何を思っているのか、どのように考えてどういう商品を求めているのかは川上にいるメーカーには分かりにくいことでした。

メーカーのエゴを押付けても商品は売れません。

よりお客様の近くで販売できるネット販売にも当時力を入れました。各社が自社の会社案内的なホームページを持つくらいのレベルの時代でした。
スーパーマーケット、小売店など何処にでもお店に行けば売っている海藻乾物なんて売れるはずがないと思われており、会社案内的なホームページではなく、販売を目的としたホームページを作成したのですが、何人かから「売れないと思うよ。」「やっても長続きしないと思うよ。」と言われたこともありました。
実際、ホームページを開設してから2年間は大赤字でした。売上よりも販売するために費やす費用の方が多い月もあり、社内でも辞めることを勧められました。

しかし、その2年間はネット販売の可能性をものすごく感じた2年間でした。当時テレビ番組で寒天が良いと放映された直後のことです。仕事を終えて食事をしながらテレビをみていたのですが、何か気になることがあり会社の事務所へ戻ってパソコンを確認したところ、次々と注文が入ってきており100件くらいに達した段階でホームページ作成会社に電話して慌てて注文をストップしたことがありました。

ネット販売を初めて間もなく、注文が入ることが珍しいネット商品に注文が入ってきても対応ができなかったのです。パソコンを触れない人が多くいた時代です。会社の履歴書にもワード、エクセルできますと記入していた時代です。受注システムも今みたいに簡素化されておらず、手間がかかるためにこれ以上は対応できないと判断して一時販売をストップさせました。その後、馴れないながらもきちんとお客様対応をして商品を発送しました。

全国にはすぐに手に入れたい人がいること、近くに買い物ができるところがあってもインターネットで買い物をする人がいること、当時パソコンをさわれないと思っていた主婦がインターネットで買い物をすることにも気づきました。何をしたら喜んでもらえるのかを考え、毎月イベント等のアクションを起こしていたら3年目でようやく黒字転換しました。それまでは対企業向けに何をしたら喜んでもらえるかばかり考えていましたが、消費者向けにも何をしたら喜んでもらえるかを考えられるようになりました。

顔の見えないお客様とのお取引です。誠意ある対応とまたリピート注文してもらえる魅力ある商品とサービスの提供が必要となりました。

 

最後に我が会社の経営理念を述べさせてください。

 

うわべ食品工業渇社は、社員一人ひとりの努力と進歩によって、お客様のご要望にお応えする魅力ある商品とサービスを提供し、従業員の幸せと地域社会の健康と発展に貢献する。

 

この経営理念は、お客様が来られる事務所と工場内従業員更衣室に掲示しています。

志を持ち、日々是精進。

 

 


うわべ食品工業株式会社は、
海産物(乾燥ひじき、乾燥わかめ等)の加工・販売をしている会社です。

海藻は、昔から私達日本人の健康と深いつながりをもっています。

食卓に一品海藻を摂り入れていただき健康な海藻家族であることを願い、皆様に喜ばれる製品をご提供してまいります。

うわべ食品工業株式会社

住所 〒515-0509 
三重県伊勢市東大淀町124
業務内容 海藻加工業
ひじき、わかめ、あらめ、こんぶ等海藻加工品の製造及び販売
創業
昭和23年6月

TRADE NAME
UWABE Foods Industry Co ., Ltd
Address 124 Higashi-Oyodo-cho,Ise-city,Mie-pref,Japan
Products Hiziki, Wakame, Arame, Kelp, processed Seaweed

FOUNDATION June 1948
ESTABLISHED May 1978
CAPITALIZATION \10 MILLION
Banks Hyakugo Bank, Daisan Bank
TEL 0596-37-6789
FAX 0596-37-1544
E-mail info@uwabe.co.jp
URL http://www .uwabe.co.jp
設立
昭和53年5月
代表取締役
上部 友義
資本金
1,000万円
取引金融機関

百五銀行 大淀支店
第三銀行 伊勢支店

電話番号
0596-37-6789
FAX番号
0596-37-1544
E-mail
info@uwabe.co.jp
URL
http://www.uwabe.co.jp


▼通販事業(インターネット店)のご紹介

海藻専門店 かいそうのお店(本店)

海藻専門店 かいそうのお店(YAHOO!店)

海藻本舗 (楽天店)

海藻本舗 (amazon店)




1948年
現住所にて上部商店を創設し、伊勢ひじきの製造に着手する。
1968年
包装工場及び製品倉庫を新築する。
1970年
商品多様化を図るため、あらめ・わかめ・昆布に着手する。
1978
うわべ食品工業株式会社 設立
1980年
作業合理化のため、自動包装機を導入する。
1982年
作業合理化のため、自動乾燥機、異物選別機を導入する。
1988年
工場の新築を図る。
1989年
設備の近代化を図るため、ひじきの選別、包装工程のライン化を図る。
1995年
不純物完全除去をめざし、色彩選別機、風力選別・磁力選別機、静電気選別機の加工工程ラインの近代化を図る。
1996年
第二色彩選別機を導入。
1997年
第二風力選別機を導入。
1998年

第三色彩選別機を導入。

衛生設備のため加圧高温殺菌処理機を設置し、安全対策を図る。

品質管理体制の強化。

2001年

工場を拡張し、作業工程の完全ライン化を完備する。

三菱化学ビーシーエル(MBC)食品検査センターに衛生検査を受け品質管理体制の強化を図る。

2005年 ホームページを開設
「かいそうのお店」本店 OPEN
2006年

品質管理体制の強化を図る為、ISOの取り組みを開始する。
工場増設し、ステンレス釜・機械乾燥機を新たに設置。

2007年 品質マネジメントシステム(ISO9001:2000)認証取得。
シュリンク包装機と多品種の機械包装を目的にマルチタイプコンピュータスケール(包装機)の導入。
2009 品質マネジメントシステム(ISO9001:2008) 認証取得。 
2010年 資材用倉庫を改装する。
2011年 生産体制構築のため計量・移動を自動化して作業効率の向上を図る。
2012年 需要量増加のため大型乾燥機を導入する。
2013年 上部友義が社長に就任、上部信義が会長に就任。
2014年

「かいそうのお店 YAHOO!ショッピング店」OPEN。
「海藻本舗 楽天店」OPEN。
『 海藻本舗 』を商標登録申請。


2015年 『 海藻本舗 』を商標登録。商願2014-075273 
(企業防衛の為、海草本舗 も同時登録。商願2014-075274 )
 
2016年 フルカラー3CCDカメラ搭載色彩選別機を導入する。
「海藻本舗 amazon店」をOPEN。




理念・ビジョン

 

 

大きな地図で見る